このページは、離婚時に学資保険が財産分与に該当するのかどうなのかについておつたえしていきます。離婚を考えていて、学資保険をかけているあなたは一度確認しておいてほしい内容になっています。

 

 

離婚の財産分与というのは、結婚してから夫婦共同で行ったものというのはどれも共有財産として財産分与の対象になります。その名義がどちらになっているかではなく、結婚したあとに買ったものなどはほぼ、財産分与の対象です。

 

 

どれが財産分与の対象になるという覚え方ではなく、何が財産分与の対象にならないかというのを確認しておく方がわかりやすいです。それ以外のものは基本的に財産分与の対象になるからです。

 

 

財産分与の対象になるものならないもの

離婚の財産分与の対象にならないものというのは、結婚前からもっている物やお金などは財産分与の対象になりません。また、相続や結婚に関しての費用なども財産分与の対象になりません。

 

 

逆にいうとそれ以外のものというのは、学資保険も含めて財産分与の対象になります。これは、名義がどちらであっても夫婦で一緒に積み立ててきたものと判断されるためです。

 

なので、学資保険をどうするのかというのは離婚時にしっかりと夫婦間で話し合っておかなければならないことの一つになるでしょう。年数がたっていればいるほど、お金はたまっていますからね。

 

 

学資保険などの保険については満期というものがありますので、そのあたりのことも考慮に入れて財産分与するのが多くなります。

 

離婚時に学資保険を財産分与するポイント

学資保険で、かなり多いケースが父親名義でかけていて親権を今後母親がもつようになる場合です。離婚に際して解約するという方法もありますが、満期にならない場合は大きく損をした形になってしまいます。

 

 

そのため、名義を母親に変更してその後の掛け金は母親が支払っていくというケースが行政書士として実務をして確認していくと多いです。どうしても、学資保険などの保険は、契約のタイミングなどが関係しますのでそのようになります。

 

 

もちろん、途中で解約して解約返戻金という方法もあるのですがそうすると経済的なメリットを享受できないことがおおいので、もちつづけるのが多いという印象です。

 

このあたりについては、名義変更をした後に掛け金を母親がはらうということ。学資保険が子供の今後のために使われることなどを考えて父親が半分にと言わないことも多いです。

 

 

ただ、ずっと父親の預金通帳から引き落としされているといった事情があったりもするのでその辺りについては、話合いになってきます。どの財産を父親と母親のどちらが受け取るのか。

 

そういったことをしっかりと時間をかけて話合いしていく中で決めていく必要があるでしょう。もちろん、お互いが絶対に譲れないというものがあると思いますので、譲歩も時には必要です。

 

子供のためにしっかりとした話合いを

学資保険の財産分与の話合いで大切なことはどちらが親権をもつのか。そして、そのお金はしっかりと子供の学費のために使うということを約束したうえで進めていく。

 

この考え方をもっていると、案外スムーズにすすんでいきやすい財産になると思います。離婚するにしても、子供ためにしてきたものというのはお互いに続けてあげたいものです。

 

なので、その辺りのところをしっかりと話しするようにしましょう。そうしないと、結局のところ誰が一番我慢しなければならなくなるのかというと、子供です。離婚は子供に責任はないです。

 

 

だからこそ、どちらが親権をもったとしてもしっかりと話合いをした上で財産分与を決めていく必要があるのです。特に、この学資保険というものはそういった気持ちが反映されるものになるでしょう。

 

追伸

もしあなたが離婚の財産分与で悩んでいるのであれば、その悩みを解決するヒントがここにあります。離婚専門の現役行政書士が書いた無料レポートを読んで、離婚を失敗したくないあなたは今すぐコチラに登録してください。

離婚で失敗したくないあなたはコチラ