あなたが女性で離婚をするのであれば、事前に考えておかなければならないことがあります。それは、離婚後にあなたが夫姓のままにするのか。もしくは、旧姓に戻るのかということです。

 

 

離婚届を市役所に提出しておくだけでは、3ヶ月経過後に苗字は旧姓に戻ってしまいます。なので、夫姓のままで生活していきたいのであれば手続きをしておく必要があります。

 

 

旧姓に戻りたいのであれば、そのまま手続きを特段する必要もありません。ただ、私の経験でいくと50%ぐらいの割合で旧姓に戻さないというひとが多いですね。

 

夫姓のままがいいことも多い

 

それは、子供が学校で旧姓に変わったりすることで離婚を周囲に気付かれたりすることや、職場で周囲の人にあなたが離婚したことが判明するのが嫌だったりといろんな理由からです。

 

 

特に、結婚して10年以上経過しているような場合には夫姓のままで行くというケースが多いように感じます。旧姓に戻った後については、免許証を変更したりといろんな手続きがあったりしますしね。

 

 

なので、子供のためだったり職場でのことだけでなく、名前が変更したための手続きについて面倒というのもあるでしょう。ただ、それでも離婚の原因が夫の不倫などでどうしても同じ姓を名乗りたくない。

 

 

旧姓に戻したい。そんな人もいてます。そんな場合については、苗字を旧姓に戻すということになるでしょう。離婚は究極な話をすると離婚届の紙一枚を市役所に提出するだけで済む手続きになっています。

 

 

しかし、市役所が旧姓に戻るという話をしてくれるケースというのは稀です。ほとんどそんな説明をしてくれません。なので、旧姓に戻したいわけではないのに旧姓になるってことも十分にあり得ます。

 

 

なので、あらかじめ3ヶ月以内に手続きをしなければ旧姓に戻るということを念頭においておくようにしてくださいね。そうしないと、子供さんが一番嫌がるなんてことにもなりえますよね。

 

 

ちなみに、夫姓のままにしておく手続きというのは「離婚の際に称していた氏を称する届」という書類を市役所に提出するだけです。そんなに難しいものではありません。

 

 

市役所の窓口で相談すると簡単に書き方を教えていただけます。なので、知識として3ヶ月以内に手続きをしなければならないというのを覚えておく必要だけはありますので注意してくださいね。

 

子供に苗字が変わることをしっかり説明

 

こういった3ヶ月以内とかの日数関係については役所は本当に厳格に扱われていますのでくれぐれも注意してくださいね。そんなことがきっかけで、子供が小学校でいじめられたりなんてしたら・・・。

 

 

私も子を持つ親ですから、そのことで子供がいじめられたりするなんてことになったら自分が許せなくなってしまうでしょう。しっかりと話をしていても、子供はなかなかそういった話は言い出せないものです。

 

 

なので、お子さんに対する気遣いを忘れずに夫姓のままにするのであればしっかりと手続きするようにしましょう。また、もし旧姓に戻すのであればそのことをきちんと子供にも伝えておくべきです。

 

 

きちんと説明したうえで、お子さんに納得してもらって旧姓にするようにしましょう。お子さんがいる場合は、特に小学生だったり中学生だったりの時は多感な時期なので十分すぎるぐらいの配慮でちょうどいいです。

 

 

離婚をすることの説明もなにもないとなると、自分のことを本当に気にかけてくれているのかお子さんは思ってしまいます。そうなってしまうと、これまで作ってきた親子関係は崩れていってしまう可能性もあります。

 

 

お子さんにとって、両親の離婚というのはそれだけ大きな出来事になるのです。たかが苗字かもしれませんが、されど苗字だと思ってしっかりと話しをしておきましょう。

 

追伸

もしあなたが離婚の手続きで悩みを抱えているのであれば、その悩みを下記で解決することができるでしょう。離婚専門の現役行政書士が書いた無料レポートを読んで、離婚を失敗したくないあなたは今すぐコチラから登録してください。

離婚で失敗したくないあなたはコチラ