おはようございます。太鼓祭りの国(愛媛県新居浜市)の行政書士・森高です。今日は、離婚後に子供と元夫の面会をさせたくないという話です。

 

 

離婚後のことを考える時に、大切な要素になってくるのが子供です。その中で、元夫と子供の面会をどうするかというのは相談者の悩みでもほとんどの人にご質問いただくポイントです。法的な話でいうと、民法766条に下記のように定められています。

 

 

「協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。」

 

 

 

これは、協議離婚する場合は自由に決めてくださいよと読めなくはないですが、実務上はかなり異なります。最後の1文、子の利益を優先して決めることになるということです。

 

 

 

ちょっと、わかりにくかったと思いますので、結論を言うと面会を元夫とさせないというのは基本的には無理ということになります。元夫が面会を裁判で求めてきた場合は、ほぼ100%認められるからです。

 

 

 

この民法766条は、子供によほど悪影響を与えないかぎり面会を認めなければならないという結論を前提に、子供との面会の回数、時間、子供をどのように会わせるかなどといったことを決めることを目的としています。

 

 

面会を拒否できるケース

そのような細かいことを決めていくことは必要です。ただ、面会を100%拒否できないかというとそんなこともありません。原則は面会は拒否できません。しかし、以下のような場合は拒否できます。

 

・元夫が子供に暴力をふるう

・元夫がそのまま子供を返さない恐れがある

・子供が病気

・子供が元夫に対し会いたくないという

・子供が面会すると精神的に不安定になってしまう

 

 

こういった時には、面会を拒否。あるいは延期できます。なので、体調が悪いのに今日は面会だからって無理する必要はまったくないということです。また、子供が嫌がっていたり、子供の気持ちを最も尊重するということです。

 

 

このあたりが、民法でいうところの「子の福祉」にあたるところです。なので、会う会わないなども含めて子供の意識というのが最も重要になってきます。この子供の気持ちを十分に尊重しなければなりません。

 

 

これは、逆もしかりです。子供は本当は面会を楽しみにしているけど、あなたの気持ちを気遣い、自分さえ我慢すればいいと考えているかもしれません。そこを十分に見極めなければいけません。そうしないと、子供の心身の発達にも影響してきます。

 

 

決めごとは離婚公正証書に

そこのところは十分にご注意ください。そして、その決めごとは必ず書面(離婚公正証書)にしましょう。面会という大事な取り決めについては、言った言わないの争いになるのが一番問題です。

 

 

なので、どのぐらいの頻度で会うか。その時は、何時間会うのか。そして、面会を拒否できるケースをちゃんと決めておくこと。このあたりが最も重要になってきます。どのくらい会うか。

 

 

時間は何時間かというのは、きっちりと数字で決めておかないと後でもめごとになることがあります。子の福祉に反しなようになどと、法令の文章をそのままのせるようなことにすると、半年に一回なのか。月に一回なのか。

 

 

はたまた一週間に一回なのか。面会の回数でお互いの意見が分かれることも少なくありません。なので、ここの面会の頻度や時間はきっちり決めておくことが重要です。

 

面会頻度、時間の一般的に多いのは?

ちなみに、この面会の頻度の件については1年以上の間隔をあけることは認められていません。1年以上の間隔をあけている場合というのは、制限をかけていると考えられるからです。

 

 

面会交流の制限がかけれるのは上記の時のようなケースだけですので、取り決めの時点で1年以上の間隔をあけることは許されません。ごくごく一般的なのが、1ヶ月に1回程度が一般的ではあるでしょう。

 

 

時間については、小学校の1年、2年ぐらいまでは、1時間~2時間程度。その後になれば、半日、一日と長くなっていくのが一般的です。小学校の高学年になるとある程度、自分で判断できるために長目になることが多いです。

 

 

面会と養育費の関係について

以上のようなことを考慮して、面会交流についてご検討してみてはいかがでしょうか。この面会交流は、養育費ともつながる大切なものになります。よく面会がないなら養育費は払わない。

 

 

逆に、養育費いらないから面会もない。みたいなやりとりがなされると相談を受けますが、これらは法的には何ら関係ないものです。ただ、そこには子供の視点が大きく欠けています。

 

 

養育費も面会も、基本的には子供のためのものです。どちらも、子供のためにあるものなのに、それをあなたと元夫でどっちかをって条件を決めるのは明らかにおかしい話ではないでしょうか。

 

 

いずれにしても、面会がある子供には継続的に養育費が払われていることが多く、逆に面会がない子供には養育費が払われていないことが多い現実あることは知っておいた方がいい事実です。

 

しかし、そこにも必ず子供の視点というものを忘れてはならないということを私は声を大にして伝えていきたいと思います。

 

追伸

もしあなたが離婚後の子供のことで悩んでいる。親権のことで悩んでいるのであれば、その悩みを下記で解決することができるかもしれません。離婚専門の現役行政書士が書いた無料レポートを読んで、離婚の悩みを解決したいあなたは今すぐコチラ。

離婚で失敗したくないあなたはコチラ