最近、離婚の分野で話題になっている死後離婚。このページは、その死後離婚のデメリットはどこにあるのかについてお伝えしていきたいと思います。

 

そもそも、死後離婚って何?って人も多いと思います。なのでその説明からすると、夫(妻)が亡くなった後に離婚の手続きをするというものです。

 

簡単に説明するとどちらかが亡くなった後に籍を抜くのです。なぜそんなことをするの?って思うあなたも多いと思います。しかし、これにはしっかりとした理由があります。

 

わかりやすいように説明すると、夫が亡くなって妻のみが生きているという状況だったとしましょう。しかし、夫との籍があるために夫の父や母の介護をしなければならない。

 

そんなケースがよくあります。しかし、夫が亡くなっているので夫の父や母と付き合いたくない。そんな気持ちが生まれてきます。そこで行うのが死後離婚になります。

 

夫との離婚をしておけば、義父や義母の介護をする必要がありません。しかも、付き合いたくないと思っているのであれば付き合う必要もなくなります。

 

こういった理由から現在、死後離婚を選択するひとがとても増えてきているのです。あなたはこのことにどのように思いますか?義理を欠くと思いますか?

 

死後離婚のデメリット

そうは言っても、そんなに簡単に死後離婚ってできるの?なんかデメリットがあるんじゃないの?相続財産はどうなるの?遺族年金はどうなるの?そんなことを想うのが一般的になります。

 

死後離婚についての手続きは、超簡単です。離婚届を出すだけですからなんら難しい手続きはありません。しかし、相続財産はどうなるの?そんなことを想う人もいるでしょう。

 

相続財産については、返還する必要はありません。相続を受けたものを離婚した後の妻(この例でいくと)が受けたままです。家であったり貯金だったりは、その持ち分はすべてその妻のものになります。

 

なので、相続に関して死後離婚をしたからといって何か不利益なことがあるかというとそんなことはありません。もらえるものは全部もらった後に、返す必要がありません。

 

えっ~。そんなことありって思うかもしれませんが、法令でそのようになっているのですから仕方ありません。そのようになっているというよりは、想定されていないといった方がいいと思います。

 

今後は、死後離婚は相続財産だけ受け取って義父と義母の介護をしないのはおかしいのではないか。財産目当ての結婚に利用されるのではないか。そんなことが世間一般で言われてくると法令が変わる可能性はあります。

 

ただ、現行ではそのようになっています。ちなみに、遺族年金についても死後に離婚してももらえ続けれるような仕組みになっています。遺族年金というのは、説明が難しくなるので簡単にいうと夫の厚生年金の3/4か妻の老齢厚生年金の多い方を選択することになります。

 

死後離婚しても、その後もずっともらい続けることができるということです。いろんな条件があったりするので、厳密な内容については別記事にしますが、基本的には死後離婚で不利益を受けることはないということです。

 

そもそも、死後離婚した後に元夫の姓のままにしておけば年金事務所はその人が離婚していることさえもわからない。それが現状の縦割りの役所の仕組みになっています。

 

なので、デメリットについては相続財産も受け取ったまま、遺族年金も合法でもらい続けることができるという意味ではないと言えるでしょう。敷いていうなら、子供の感情になるでしょうか。

 

子供が父親が死んだ後に母が父と離婚しているって知ったらショックを受けるのではないか。戸籍をみたらそれがわかりますので、そういった感情的なところになると思います。

 

ただ、将来的には相続についても遺族年金についても死後離婚というものが想定されていなかったので法令が改正される可能性はあると思います。介護もしなくてよくなって受け取るものだけ受け取れるってのはちょっと違和感がある人が多いでしょう。

 

そういったことを鑑みると、将来的にこのままの制度で遺族年金と相続をつづけていくようにはならないと思います。