こんにちは。少し間が空いてしまいましたね。太鼓祭りの国(愛媛県新居浜市)の行政書士の森高です。今日は、三船美佳と高橋ジョージの財産分与についてお伝えしたいと思います。

 

 

この2人については、かれこれ長い間もめている印象がありますよね。そんな二人の財産分与が報道がでてきました。ざっくりと話しをすると、三船美佳と高橋ジョージさんはオシドリ夫婦と言われていたところから、離婚しています。

 

 

三船美佳さんサイドの方は、高橋ジョージさんのモラハラが離婚の原因ということで、モラハラという言葉が一気に広まったですよね。その後、離婚裁判を経て離婚をしています。

 

 




Sponsored Link


 

 

離婚後初の二人のニュース

 

その後、二人のニュースとしては初の報道かなと思います。専門家からの視点で話をすると、通常この財産分与は離婚時にすることになりますよね。なので、なんで今頃って印象を持ちました。

 

 

財産分与は法的には結婚時の財産は50%ずつわけます。ただ、これは民法のルールなので、二人で割合を決めることができます。別棟二つ家があり総額2億6000万円の家があるといいます。

 

 

 

それをこれまで、財産分与をしてこなかったものを三船美佳さんサイドが調停を申し立てたと言います。離婚にあたって、三船美佳さんは養育費も慰謝料ももらっていないと言います。

 

 

 

全部いらないという話だったので、高橋ジョージさんサイドからすると財産分与だけ今頃請求してきたという感じを受けるかもしれません。二つの家については、まだ住宅ローンが残っているそうです。

 

 

 

なので、三船美佳さんも住宅ローンを支払っているというんですね。三船美佳さんサイドはこの自宅を売却して住宅ローンをなるべく少なくするのが目的なのかなと思います。

 

 

 

財産分与でお金に汚いと思われるかもしれませんが、きっと、この家を売却して今の生活に支障がでないようにしたいと後になって三船美佳さんが思ったのかもしれませんね。

 

 




Sponsored Link


 

 

一般的には後からもめるのは養育費

 

離婚の問題で、後からこういった話になるケースで多いのは養育費が多いですね。ただ、養育費についてはそのままというパターンが多いですね。話合う機会すら持てないみたいなことが多いです。

 

 

普通に裁判や調停をしようとはなかなかなりませんから、こういったことで悩んではる人は多いんですね。なので、一般的な話をすると離婚のときにすべてを決めておくべきだと思います。

 

 

 

三船美佳さんについては、早く離婚したいということが原因で財産分与は後回しにしたのでしょうか。それとも、その時は高橋ジョージさんが住むからということで合意していたのでしょうか。

 

 

 

一般の社会でも、けっこう多いのは子供の保育料の関係もあるので、3月末までに確実に離婚したいそんな希望をもつ女性が多いのは事実ですね。

 

 

 

ただ、離婚の際にしっかり決めごとをしていないとなかなか、会うことも難しくなったりしますよね。なので、保育料などのことも大切なのかもしれませんがそれ以上にしっかり決めてから離婚をするというのが重要ですよね。

 

 

 

その時に、内容を離婚公正証書にまとめておくのがおススメですね。なんか調停とか裁判とかってならないようにしていく方が日本的にはいいのかなと思います。

 

 




Sponsored Link